新型コロナ感染拡大下におけるスタジオ業務の遂行について(日・ENG)

東京国際ナレーター集団(TING)の提唱しているレコーディングポリシーを同じく推奨致したく本ページに掲載させていただきます。


--------

スタッフの皆様、ナレーターの皆様には、下記の点について特段のご配慮をお願いいたします。

1 レコーディングブース a. レコーディング毎、またナレーター交替の際に、換気、使用機器の消毒を行う。 b. 入室はマスクを着用し手指消毒の後ナレーターとサウンドエンジニアに限る。 c. ナレーターはエンジニアがマイクの調整を終え退室し、ブースのドアを閉めるまでマスクをはずさない。 d. マイクを調整するエンジニアはカフレバー、キューライト、ボリュームダイアル等消毒後の機器に 触れず、説明は身振りで行う。 e. ブース内で複数のナレーターが同時に録音する際は、お互いに安全な距離を保ち、間に衝立を設ける。 又、背中合わせか横並びになる様に椅子とマイクを配置し、決して向かい合わないようにする。 向かい合う場合双方は2m の距離を保つ。 2 ディレクター、リライター、クライアントはナレーターと安全な距離を保つ a. 指示は全てトークバックモニターを通して行う。 b. 3 a. リライター、クライアントは、ナレーターとはトークバックモニターを通して脚本(変更を含む) について話し合うこととし、ブースに入りナレーターの前に立ったり、 ナレーターの脚本に触れたり、 書き込みをしない。 脚本やビデオ編集に関する話し合い クライアント、リライター、ディレクターが脚本中の表現やフィルムの編集について ⻑時間話し合いをする際には、ナレーターはブースから一時退室してもらう。 b. このような話し合いはナレーターが到着する前、又は、退出した後に行う。 c. もしナレーターがブース内にいるときにこのような話し合いが必要となった場は、ブースのドアを 開けて換気するか、ナレーターに休憩をとってもらうようにする。 この注 意事項は、ブース内に複数のナレーターがいる場合、特に重要になる。 d. 基本的に、窓のないブースでは、滞在時間を出来るだけ短くするよう努める。 又、1時間に一度換気を行う。 4 スタジオスタッフ、ナレーター間の意思の疎通 スタジオスタッフとナレーターはお互い率直にまた敬意を持って意思の疎通を図るよう努める。 また、ナレーターが気になることや要望があって、エージェント、スタジオスタッフ、他のナレーターを 頼りにする際にも、エージェントとスタジオスタッフはナレーターと共に安全対策に前向きに取り組む。 率直に話し合い、お互いの意見を尊重し、助け合い、安全な労働環境を整えることができることを願ってい ます。皆様のご健康とご活躍をお祈りしています。

Studio Safety Measures against Covid19


We would like to respectfully remind staff and fellow narrators to continue giving great

care to the following points:

1. Recording booths:

a. Should be aired and equipment disinfected between each recording and crossover

of narrators.

b. Should be entered only by the narrators and the sound engineer with mask on.

c. The narrator should keep his/her mask on until the engineer has finished adjusting

the mic, has left, and the booth door has been closed.

d. The engineer adjusting the mic should not touch the cough lever, the cue light or

the volume dial after they have been disinfected. He/she can gesture towards the

equipment when explaining about it.

e. If multiple narrators are recording together in the booth, they should be placed at a

safe distance apart from one another, there should be a partition between them,

and their seats and mics should be placed either back to back or side by side.

They should not be facing each other. Should they need to face each other, keep

a distance of two meters.

2. Directors, rewriters and clients should keep a distance from the narrators:

a. All instructions should be given through the talkback monitor.

b. Rewriters/Clients should discuss the script (including changes) through the talkback

monitor and not standing over the narrator or touching/writing on the narrator’s

script.

3. Discussions about the script and video editing:

a. Clients, rewriters and directors should not keep the narrators in the booth while having

lengthy discussions about the wording of the script or editing of the film.

b. Discussions like these should happen before the narrator arrives or after he/she

leaves.

c. If these discussions must happen while the narrator is present, the booth door should

be opened so the booth can be aired out, or the narrators should be invited to have a

break. This is especially important if there is more than one narrator in the booth.

d. In general, we should strive to shorten our time in the windowless booth as much as

possible as well as air the booth once every hour.

4. Communication between studio staff and narrators:

Open and respectful communication is encouraged between studio staff and narrators.

While we narrators turn to our agents, studio staff and each other with our concerns and

requests, we ask that our agents and studio staff feel free to address any safety issues

with us as well.

We look forward to open communication, mutual respect and support, and a safe

working environment.


0 comments

DAGMUSICニュースレターに申し込む

お問い合わせ

  • Dagmusic Facebook
  • Dagmusic Twitter

Content © Dagmusic 2021